リフォームの費用を考えよう|洗面台をピカピカにするには

床を保護するメリット

床

導入費用と耐久力は

床を保護する方法としてフロアコーティングがあります。フロアコーティングはフローリング材を塗装して樹脂膜を作ることで、これによって表面を保護するだけでなく汚れが付きにくくなりますし、汚れが付いても簡単に拭き取るだけで綺麗にすることができます。一方でフロアコーティングといってもいくつかの種類があり価格も変わってきます。現在、日本で主流のフロアコーティングはウレタンコーティング、シリコンコーティング、UVコーティング、ガラスコーティングがあります。ウレタンコーティングの場合には価格が安く標準的な広さの1部屋あたりは10万円程度で行うことができますが、耐久年数は5年と短いのがデメリットです。一方でシリコンコーティングはウレタンコーティングと同等の価格で、耐久年数が10年と長いので費用対効果では優れます。ガラスコーティングとUVコーティングは価格は17万円程度で30年程度の耐久年数があるとされ、費用対効果では優れます。特にUVコーティングは紫外線を照射することで塗料を硬化させるのでフロアコーティングのデメリットである塗布後の乾燥期間を短くすることができます。導入価格という面で見ればウレタンコーティングやシリコンコーティングにメリットがありますが、耐久年数という面で見ればUVコーティングやガラスコーティングにメリットがあります。ただ最終的には施工の良し悪しがすべてに影響するためフロアコーティングを行う場合には良い施工業者を選ぶことがもっとも重要です。